岩手県遠野市

遠野ふるさと体験協議会

とおのふるさとたいけんきょうぎかい

宿泊定員
ホームステイ(分泊)/120人(近隣地域への追加手配時/300人)
集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)/120人

窓口組織
認定NPO法人 遠野山・里・暮らしネットワーク



基本情報

私たちについて

団体の構成員

NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク(参加団体との連絡調整及び支援内容の取りまとめ)、遠野民泊協会(民泊拡大、受入れノウハウに関する支援・助言)、遠野市観光協会(観光資源を活用した取り組みに関する支援・助言)、遠野ふるさと公社(体験宿泊施設活用に関する支援・助言)、遠野市畜産振興公社(体験プログラムの作成に関する支援・助言)、遠野市ふるさと定住推進室(協議会運営支援、他地域との連絡調整)

利用形態・対象

団体参加の対象

  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 特別支援学校
  • 子供団体
  • 学生団体
  • 海外の学校
  • 国際交流
  • 企業・団体

個人・グループ参加の対象

  • 幼児
  • 少年
  • 青年
  • 成人
  • 親子

利用形態

  • 宿泊
  • 日帰り

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

宿泊定員

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

1回当たりの最大宿泊可能人数(所管する地域内) 120人
1回当たりの最大宿泊可能人数(近隣地域との連携時) 300人
1回当たりの最大手配可能軒数(所管する地域内) 35軒
1回当たりの最大手配可能軒数(近隣地域との連携時) 75軒

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

1回当たりの最大宿泊可能人数 120人

私たちができること

受入先での支援人材の配置・手配

  • 農林漁業体験の指導者・指導補助者・ガイドの手配
  • 保健師・看護師の手配
  • 引率者の相談・要望等に対応するスタッフの配置

地域内での各受入先の手配

  • 教員等による下見の手配
  • ホームステイ先(宿泊・生活体験(食事作りを含む))の手配
  • 会場・食事・宿泊・見学先・移動手段等の手配
  • 各農山漁村体験の手配(荒天時の代替プログラムの手配を含む)

地域内での子供達の配慮の手配

  • 地域内のアレルギー・傷病・障がい等を抱える各児童生徒の配慮の手配
  • 地域内での発達障がい等の困難を抱える各児童生徒の配慮の手配

事前学習のサポート

  • 事前学習で使用できる資料・データの提供
  • インターネットを活用した事前交流・遠隔講義等の実施協力
  • 事前学習での人材派遣

事後学習のサポート

  • 事後学習で使用できる資料・成果物等の提供
  • インターネットを活用した事後交流・遠隔講義等の実施協力
  • 事後学習・発表会等での人材派遣

地域内での安全管理体制の整備

  • 地域内での緊急連絡体制(病院、消防署、警察、行政等)の整備・設置
  • 地域内・近隣地域にある24時間診療可能な病院との連携
  • 地域内での災害時対策の整備(初期行動・避難方法・避難マップ等)
  • 受入関係者向けの安全管理基準の整備(ガイドライン、マニュアル等)
  • 受入関係者を対象にした安全・衛生講習等の実施
  • 受入先(受入家庭等)における損害賠償責任保険の加入

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

受入体制等に関する資料・データ

パンフレット

モデルプログラムの資料

体験メニューの資料

団体の安全管理基準(ガイドライン・マニュアル等)

緊急連絡体制の概略図

受入家庭の宿泊拠点を明記した地図

資料のダウンロードはPCにてお願いします。

地域の特色

遠野ツーリズム

受入方針

受入協議会で情報を密にし、安心安全でぬくもりのある事業推進を図る。農家民泊、遠野ふるさと村体験施設活用の上、『遠野物語』に代表される歴史や文化、四季が織り成す豊かで美しい広大な自然を生かした「遠野ツーリズム」を体感してもらいたい。

自然・地理的条件等

遠野市は、東西、南北ともに約38km、総面積は825.62㎢です。
岩手県を縦断する北上山地の中央部に位置し、内陸と沿岸を結ぶ交通、産業の要所にあたり、標高1,917mの早池峰山を最高峰に標高700~1,000mの高原群が周囲を取り囲み、市域の中央部にある遠野盆地に市街地を形成しています。

歴史・文化的な資源

日本民俗学の祖柳田国男の『遠野物語』に代表される歴史や文化が、「かっぱ渕」や「五百羅漢」などの自然名跡に今も息づいています。また、国の重要文化財に指定された「千葉家の曲り家」に代表される南部曲り家の保存と地域文化の伝承が、遠野固有の文化を伝えています。「遠野ふるさと村」では、体験施設として六棟の曲がり屋を配し、予約により語り部による昔話も聞くことができます。

農林水産業の状況

冷涼な気候と豊かな自然環境を生かした農林業を基幹産業とし、米を中心に、野菜、ホップや葉たばこなどの工芸作物、畜産が複合経営されており、ホップやヤマメの生産量日本一、東北一のワサビ生産地として知られています。また、低コレステロール食肉として注

観光資源

お問い合わせ

窓口組織名 認定NPO法人 遠野山・里・暮らしネットワーク
担当者の役職 コーディネーター
担当者氏名 浅沼 亜希子
住所 〒028-0514 岩手県遠野市遠野町28-5
電話番号 0198-62-0601
FAX 0198-62-0602
窓口組織のURL http://www.tonotv.com/members/yamasatonet/kyoiku.html
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

宿泊・手配先

手配可能な宿泊施設

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

受入家庭(ホームステイ)の数
(以下の*1+*2+*3の合計)
136軒
農林漁業体験民宿等の数*1
(旅館業法の許可を取得した軒数)
5軒
民泊の数*2
(住宅宿泊事業法の届出をした軒数)
3軒
上記以外の宿泊施設の数*3
(都道府県条例、イベント民泊等)
128軒
宿泊施設内の農林漁家の軒数
136軒
1軒当たり少人数での対応
2泊以上の連泊対応 要相談
1泊2食の基本料金(最低価格)*4
9,000円(税込)
*4 基本料金に夕・朝食の共同調理・家事・家業体験が含まれます

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

青少年教育施設の全軒数 0軒

手配可能な屋内施設

遠野ふるさと村 (まぶりっと衆早池峰の会)

用途 農作業から手工芸品
収容人数 100人
ホームページ http://www.tono-furusato.jp/

遠野市立博物館

用途 遠野の歴史、文化
収容人数 20人
ホームページ https://tonoculture.com/tono-museum/

伝承園

用途 昔話
収容人数 30人
ホームページ http://www.densyoen.jp/

遠野馬の里

用途 乗馬体験45分
収容人数 20人
ホームページ http://www.umanosato.com/

コテージランドかしわぎ

用途 炭焼き(応相談)、蕎麦打ち、アウトドア(ピザ作り,MTB等)
収容人数 20人
ホームページ http://www.kashiwagidaira.jp/

手配可能な支援団体等

遠野馬の里

住所 〒028-0545 岩手県遠野市松崎町駒木4−120−5
電話番号 0198-62-5561
支援可能な役割 引き馬 1時間1回を目安すとして
ホームページ http://www.umanosato.com/

まぶりっと衆早池峰の会

住所 〒028-051 岩手県遠野市遠野町28-5
電話番号 0198-62-0601
支援可能な役割 農作業各種、農家暮らし体験(郷土料理等)
ホームページ http://www.tonotv.com/members/yamasatonet/

遠野民泊協会

住所 〒028-0514 岩手県遠野市遠野町28-5
電話番号 0198-62-0601
支援可能な役割 農作業各種、農家暮らし体験(郷土料理等)
ホームページ http://www.tonotv.com/members/yamasatonet/
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

体験メニュー

屋外の体験メニュー

家畜のお世話

ジャンル 農業体験 / 食体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 餌やりから厩舎の清掃、餌となる草集めや、動物のブラッシング、鶏の卵拾いや、仔馬子牛の世話など
実施時期 6月上旬 ~ 7月下旬/ 9月上旬 ~ 9月下旬
最大参加可能人数 60人
1名あたりの最低価格 0円

川遊び、ビオトープ体験

ジャンル 自然・環境体験 / 動物・昆虫体験
体験内容 雨季の増水など自然の脅威も学びつつ、釣りやボート遊び、周辺に生息する生き物の観察など
実施時期 6月上旬 ~ 7月下旬/ 9月上旬 ~ 9月下旬
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 0円

野山を散策

ジャンル 自然・環境体験 / 食体験 / 動物・昆虫体験
体験内容 植物の名前を覚えたり、山菜やキノコを取ってくるなど
実施時期 6月上旬 ~ 7月下旬/ 9月上旬 ~ 9月下旬
最大参加可能人数 60人
1名あたりの最低価格 0円

果樹の作業

ジャンル 農業体験 / 自然・環境体験 / 食体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 土作り、肥料まき、苗の育苗(木の剪定)、摘果、収穫など
実施時期 6月上旬 ~ 7月下旬/ 9月上旬 ~ 9月下旬
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 0円

水稲の作業

ジャンル 農業体験 / 自然・環境体験 / 食体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 春には代かきなどから田植え、夏には草取り、秋には稲刈りからはせ掛け、脱穀までの作業
実施時期 6月上旬 ~ 7月下旬
最大参加可能人数 60人
1名あたりの最低価格 0円

畑の作業

ジャンル 農業体験 / 自然・環境体験 / 食体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 草取り(刈り)、種まきに苗の定植、育苗するためのポットやビニールかけ、つるを伸ばすためのポール立てに収穫などの作業
実施時期 6月上旬 ~ 7月下旬/ 9月上旬 ~ 9月下旬
最大参加可能人数 60人
1名あたりの最低価格 0円

屋内の体験メニュー

郷土菓子作り講習

ジャンル 農業体験 / 食体験 / 文化・芸術体験
体験内容 遠野ならではお菓子と言えばきりせんしょ・けいらん・あけがらすなど。どれも名前を聞いただけでは、どんなお菓子か想像つきませんよね。
実施時期 6月上旬 ~ 7月下旬/ 9月上旬 ~ 9月下旬
最大参加可能人数 60人
1名あたりの最低価格 0円

郷土食講習

ジャンル 農業体験 / 食体験 / 文化・芸術体験
体験内容 遠野式すいとん汁(ひっつみ)やみそにぎりを握ったり、漬物を漬ける、山菜を仕込む、東北ならではの食材を使って、食べたことのないお料理を味わいましょう。
実施時期 6月上旬 ~ 7月下旬/ 9月上旬 ~ 9月下旬
最大参加可能人数 150人
1名あたりの最低価格 0円

わら細工体験

ジャンル 農業体験 / 文化・芸術体験
体験内容 秋に刈られた稲わらを使い、わら草履や縄ないを体験します。遠野ふるさと村では「馬っこ作り」や「南蛮わら編み」となります。
実施時期 11月上旬 ~ 4月下旬
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 0円

竹細工・木工体験

ジャンル 林業体験 / 自然・環境体験 / 文化・芸術体験
体験内容 遠野ふるさと村では「竹とんぼ作り」「竹はし作り」「絵馬絵付け」「根付けキーホルダー」「木製パズル」「ヨーヨーの絵付け」「こけしの絵付け」等の体験になります。
実施時期 6月上旬 ~ 7月下旬/ 9月上旬 ~ 9月下旬
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 0円

遠野的農村の暮らし

ジャンル 自然・環境体験 / 食体験 / 文化・芸術体験 / 交流体験
体験内容 農家ではない家庭でも受入れをします。訪問してからすぐに、大家族の中に入って世代間交流をしながらの生活の始まりです。大人数のお料理を作ったり、部屋数の多い、お庭の広い北国の家を体感いただきます。
実施時期 6月上旬 ~ 7月下旬/ 9月上旬 ~ 9月下旬
最大参加可能人数 150人
1名あたりの最低価格 0円

ネイチャー・クラフト体験

ジャンル 林業体験 / 自然・環境体験 / 文化・芸術体験
体験内容 屋外体験で取ってきた材料を使い、ヤジロベイやリース作りなどをします。
実施時期 6月上旬 ~ 7月下旬/ 9月上旬 ~ 9月下旬
最大参加可能人数 18人
1名あたりの最低価格 0円
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

アクセス

アクセス

岩手県から車・バスを使用する場合

行き方 盛岡市→国道396号線・遠野市へ→遠野市総合福祉センター
所要時間 90分

岩手県から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 盛岡→花巻(東北本線快速)40分 花巻→遠野(釜石線快速)45分→バス7分→遠野市総合福祉センター
所要時間 85分

高速道ICからの所要時間

東北自動車道 宮守IC から 20分
東北自動車道 遠野IC から 10分

アクセスマップ

マップURL http://www.tonotv.com/members/yamasatonet/access.html
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

実績

農山漁村体験として受け入れた学校の数

団体にお問合せ下さい。

農山漁村体験として受け入れた学校以外(社会教育)の数*1

団体にお問合せ下さい。

*1 農山漁村体験に参加したすべての人数・活動を指す。

  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook
メニュー open メニュー close
ページのトップへ戻る