北海道長沼町

長沼町グリーン・ツーリズム運営協議会

ナガヌマチョウグリーン・ツーリズムウンエイキョウギカイ

宿泊定員
ホームステイ(分泊)/120人(近隣地域への追加手配時/該当なし)
集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)/該当なし

窓口組織
長沼町



基本情報

私たちについて

団体の構成員

長沼町グリーン・ツーリズム運営協議会(受入実践者)が農家民宿・農業体験等の受入を行い、長沼町グリーン・ツーリズム推進協議会《長沼町・長沼町教育委員会・ながぬま農業協同組合(青年部・女性部含む)・空知農業改良普及センター空知南西部支所・長沼町商工会・長沼町観光協会》ほかがサポートしています。

資料

資料のダウンロードはPCにてお願いします。

利用形態・対象

団体参加の対象

  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 子供団体
  • 学生団体
  • 海外の学校
  • 国際交流
  • 企業・団体

個人・グループ参加の対象

  • 幼児
  • 少年
  • 青年
  • 成人
  • 親子

利用形態

  • 宿泊
  • 日帰り

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

宿泊定員

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

1回当たりの最大宿泊可能人数(所管する地域内) 120人
1回当たりの最大宿泊可能人数(近隣地域との連携時) 該当なし
1回当たりの最大手配可能軒数(所管する地域内) 40人
1回当たりの最大手配可能軒数(近隣地域との連携時) 該当なし

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

1回当たりの最大宿泊可能人数 該当なし

私たちができること

地域内での各受入先の手配

  • 教員等による下見の手配
  • ホームステイ先(宿泊・生活体験(食事作りを含む))の手配
  • 会場・食事・宿泊・見学先・移動手段等の手配
  • 各農山漁村体験の手配(荒天時の代替プログラムの手配を含む)

地域内での子供達の配慮の手配

  • 地域内のアレルギー・傷病・障がい等を抱える各児童生徒の配慮の手配
  • 地域内での発達障がい等の困難を抱える各児童生徒の配慮の手配

事前学習のサポート

  • 事前学習で使用できる資料・データの提供
  • 事前学習での人材派遣

事後学習のサポート

  • 事後学習で使用できる資料・成果物等の提供
  • 事後学習・発表会等での人材派遣

地域内での安全管理体制の整備

  • 地域内での緊急連絡体制(病院、消防署、警察、行政等)の整備・設置
  • 地域内・近隣地域にある24時間診療可能な病院との連携
  • 地域内での災害時対策の整備(初期行動・避難方法・避難マップ等)
  • 受入関係者向けの安全管理基準の整備(ガイドライン、マニュアル等)
  • 受入関係者を対象にした安全・衛生講習等の実施
  • 受入先(受入家庭等)における損害賠償責任保険の加入

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

受入体制等に関する資料・データ

体験メニューの資料

緊急連絡体制の概略図

資料のダウンロードはPCにてお願いします。

地域の特色

美しい自然の中で爽やかな感動体験

受入方針

・各受入農家に3~4名のグループで分宿し、その家で作付けされている作物の播種、移植、収穫等を体験します。その際には、その作業の必要性を説明し、食べ物が工場でつくられているのではなく、大地で栽培されていることを理解させ、野菜の本来の味を体感し楽しんでもらえます。
・食事は、受入農家と児童が一緒につくる共同調理で、その食材はなるべくその家で栽培されたものを使用することとしています。また、ふとんの上げ下ろしから室内清掃まで行ってもらいます。
・夕食後は、長沼町の開拓の歴史や農業について語り合い、交流を深めます。
・農業体験以外には、町内の農業関連施設巡り(穀類乾燥調製貯蔵施設「米の舘」、野菜集出荷施設、農産物直売所)や辻村もと子文学碑がある展望台から、石狩平野を一望することができます。また、ハイジ牧場で動物たちを見て触れて、大自然を満喫できます。
※基本的には、自分の子供や孫が里帰りしてきたような気持ちで迎え入れ、安全で旬な味を体感することにより、ひとりでも多くの食に対する理解者を育て、ひいては「北海道のお父さん・お母さん」としての思い出づくりができるよう、体験の効果を期待しています。

自然・地理的条件等

長沼町は、石狩平野の南端部にあって、札幌市から東に32㎞の都市近郊に位置し、町域は東西に15.5㎞、南北に21.1㎞、総面積168.52k㎡を有する人口10,795人の町です。本町は、北海道の空の玄関千歳市や恵庭市とも隣接しており、都市近郊型の田園地帯であるとともに、道央の食料供給基地としての役割を担っています。
※参考 千歳空港から28km(約30分)、札幌市から32km(約50分)、小樽市から69km(札樽自動車道を利用しして70分)

歴史・文化的な資源

町名の由来はアイヌ語でタンネトーという沼があったことから、和名で「細長き沼」から「長沼」の地名が生まれました。
・長沼町勇獅子舞~富山県氷見市葛葉出身の北本宇吉氏と触坂出身の川崎長太郎氏の二人の開拓移民によって伝えられた民族芸能。昭和49年に保存会が結成されます。
・長沼百年太鼓~長沼町の開基百年を記念して新しく創作された郷土芸能。昭和61年4月に農業後継者の青年を中心に保存会が結成されます。
・長沼町田植歌おどり~大正13年に長沼小学校(現北長沼小学校)に赴任した秋田県出身の訓導田頭与四衛先生が地元の女子青年団に指導したのが始まり。戦争で休眠していたが、平成6年4月に保存会が設立され、当時女子青年団だったおばあちゃんたちと北長沼小学校の児童の協力で、およそ50年ぶりに復活した。
・町内には56の包蔵地があり、異形環状土器や壷形土器などが出土しています。

農林水産業の状況

長沼町の農業は、稲作を基幹産業として、規模拡大による稲作専業経営が展開されてきましたが、国の減反政策により現在では水田の8割が転作田となっており、稲作、畑作、野菜、花木、酪農など多彩な農業を展開しています。耕地面積は11,200ha(水田9,010ha・畑2,180ha・他10ha)、農家戸数は678戸、農家人口は1,699名となっています。作付けは、水稲1,740ha、小麦2,840ha、大豆2,790ha、そば203ha、馬鈴薯90ha、玉葱297haほかとなっており、北海道で収穫される作物のほとんどが生産されています。特に大豆の作付け面積は全国一位、収量は全国上位となっています。

観光資源

長沼町は新千歳空港から車で30分、札幌から車で50分程度の場所に位置します。地理的条件を活かして畑作風景や田んぼ、牧場や丘の上にあるカフェ、キャンプ場や温泉など、北海道らしい旅を楽しめるのが特徴です。様々な野菜や50年以上歴史を持つ長沼の羊肉など地産地消の食材も味わえます。直売所ではもぎたての新鮮な野菜や果物を楽しめます。羊肉は町内の各店舗が工夫を凝らしたタレで食べることができます。
近年では、長沼町の様々な場所で体験ができるメニューが充実しており、樺太アイヌ民族の弦楽器であるトンコリのミニチュアネックレスを製作体験ができます。生け花やフラワーアレンジメントを体験でき、花束にして持ち帰りができあがります。別の体験メニューでは、桐の箱を組み立てて、天然の木の色を生かしたデコレーションを施すことやオリジナルの寄木のキーホルダーを作成でき、長沼町内で様々な観光体験が楽しめます。

お問い合わせ

窓口組織名 長沼町
部署名 産業振興課 グリーン・ツーリズム推進室
担当者の役職 主事
担当者氏名 三浦 夕佳
住所 〒069-1392 北海道夕張郡長沼町中央北1-1-1
電話番号 0123-76-8019
FAX 0123-88-0888
窓口組織のURL https://www.maoi-net.jp/nougyou/gttop.htm
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

宿泊・手配先

手配可能な宿泊施設

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

受入家庭(ホームステイ)の数
(以下の*1+*2+*3の合計)
114軒
農林漁業体験民宿等の数*1
(旅館業法の許可を取得した軒数)
114軒
民泊の数*2
(住宅宿泊事業法の届出をした軒数)
0軒
上記以外の宿泊施設の数*3
(都道府県条例、イベント民泊等)
0軒
宿泊施設内の農林漁家の軒数
114軒
1軒当たり少人数での対応
2泊以上の連泊対応
1泊2食の基本料金(最低価格)*4
8,800円(税込)
*4 基本料金に夕・朝食の共同調理・家事・家業体験が含まれます

上記以外の集団宿泊可能な施設

軒数 2軒

手配可能な屋内施設

団体にお問合せ下さい。

手配可能な支援団体等

長沼町グリーン・ツーリズム運営協議会会員

住所 〒069-1392 北海道夕張郡長沼町中央北1-1-1
電話番号 0123-76-8019
支援可能な役割 各受入農家が農業のプロであり、その家で作付け作物を体験していただくことになる。
ホームページ https://www.heidi-farm.com/pages/2333007/page_201603151456
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

体験メニュー

屋外の体験メニュー

農業体験全般(稲作、畑作、野菜栽培、酪農、花卉、果樹等)

ジャンル 農業体験
体験内容 田植えや畑の草取り、アスパラ、きゅうり、トマトなどの収穫体験及び秋野菜の播種、移植、収穫体験等
実施時期 5月中旬 ~ 10月下旬
所用時間 2時間
最大参加可能人数 要相談
1名あたりの最低価格 1,650円
備考 雨天決行。各農家によって作業は異なります。

屋内の体験メニュー

デコレーション箱作り・寄木キーホルダーネックレス作り

ジャンル 文化・芸術体験
体験内容 桐の箱を組み立てて、そこに天然の木の色を生かしたデコレーションを施します。寄木を切り出して磨き、オリジナルの寄木キーホルダーを作ります。
実施時期 通年 
最大参加可能人数 要相談
備考 箱のデコレーション:60~90分・3,000円、キーホルダー:30分~・1,600円

木皿づくり

ジャンル 文化・芸術体験
体験内容 森の中の静かなカフェで、木工ろくろを匠と一緒に使い、自分だけのコマを作ります。また、2時間くらいかかりますが、木のプレート作りと磨きもできます。
実施時期 通年 
所用時間 2時間
最大参加可能人数 要相談
備考 コマ:60分~・3,000円、皿作り120分~・5,000円

グラス彫刻の体験作製

ジャンル 文化・芸術体験
体験内容 オーダーメイドアート事業。グラス彫刻の体験作製ができます。
実施時期 通年 
所用時間 60分
最大参加可能人数 要相談
1名あたりの最低価格 2,500円
備考 体験は要予約です。予告なく内容が変更となる場合があります。決済方法は現金のみです。

若狭塗箸磨き出し体験・石の箸置き磨き体験

ジャンル 文化・芸術体験
体験内容 若狭塗箸づくりの最後の工程、磨きだしをします。黒塗りの箸から色とりどりの塗り模様や螺細が現れます。大理石の箸置きの磨き仕上げも同時にできます
実施時期 通年 
所用時間 150分
最大参加可能人数 要相談
備考 箸置き:1,500円、箸:3,000円

和菓子作り体験

ジャンル 食体験
体験内容 3種類くらいの和菓子作りを体験します。出来上がったお菓子は、会場でお茶とともに召し上がることもできます。また、お土産として持ち帰ることもできます。
実施時期 通年 
所用時間 90分
最大参加可能人数 要相談
1名あたりの最低価格 5,000円

ミニチュアトンコリのネックレス製作体験

ジャンル 文化・芸術体験
体験内容 ミニチュアトンコリのネックレスを製作体験ができます(トンコリ:樺太アイヌの伝統的な弦楽器)。
実施時期 通年 
所用時間 90分
最大参加可能人数 5人
1名あたりの最低価格 5,000円
備考 体験は要予約が必要です。予告なく内容が変更になる場合があります。決済方法は現金のみです。
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

アクセス

アクセス

北海道北広島市から車・バスを使用する場合

行き方 JR北広島駅→長沼町
所要時間 20分

北海道北広島市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 JR北広島駅→JRバス→長沼町
所要時間 25分

北海道千歳市から車・バスを使用する場合

行き方 新千歳空港→長沼町
所要時間 30分

北海道千歳市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 JR新千歳空港駅→JR北広島駅→JRバス→長沼町
所要時間 45分

高速道ICからの所要時間

道央自動車道 岩見沢IC から 30分
道央自動車道 札幌南IC から 30分

アクセスマップ

マップURL https://naganuma-kanko.com/access/
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

実績

農山漁村体験として受け入れた学校の数

小学校

受入年度 生徒の受入数 受入校数 受入日数
日帰り 1泊2日 2泊3日 3泊4日 4泊5日 長期
2018年 89 1 0 0 1 0 0 0
2017年 90 1 0 0 1 0 0 0

中学校

受入年度 生徒の受入数 受入校数 受入日数
日帰り 1泊2日 2泊3日 3泊4日 4泊5日 長期
2018年 1298 11 4 2 5 0 0 0
2017年 1396 10 1 2 6 1 0 0

高等学校

受入年度 生徒の受入数 受入校数 受入日数
日帰り 1泊2日 2泊3日 3泊4日 4泊5日 長期
2018年 573 5 0 1 4 0 0 0
2017年 1237 9 0 2 7 0 0 0

特別支援学校

受入年度 生徒の受入数 受入校数 受入日数
日帰り 1泊2日 2泊3日 3泊4日 4泊5日 長期
2018年 33 1 0 1 0 0 0 0
2017年 0 0 0 0 0 0 0 0

農山漁村体験として受け入れた学校以外(社会教育)の数*1

団体にお問合せ下さい。

*1 農山漁村体験に参加したすべての人数・活動を指す。

  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook
メニュー open メニュー close
ページのトップへ戻る