新潟県阿賀町

(一社)阿賀町観光協会(令和3年3月時点)

イッパンシャダンホウジンアガマチカンコウキョウカイ

宿泊定員
ホームステイ(分泊)/整備中(近隣地域への追加手配時/整備中)
集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)/整備中、日帰り可

窓口組織
(一社)阿賀町観光協会

  • 新潟県東蒲原郡阿賀町津川3501-1 狐の嫁入り屋敷
  • 0254-92-0220
  • https://www.aga-info.jp/


基本情報

私たちについて

団体の構成員

新潟地域振興局津川地区振興事務所、阿賀町、JA新潟みらい阿賀支店、阿賀町観光協会、東蒲原郡商工会振興協議会、(以上、サポート団体)、東蒲原郡森林組合、三川農業振興公社、手打ち蕎麦仲間代表1名(以上、体験指導組織)、民家宿泊登録代表者1名(農林漁家民泊の提供)、農家民宿いなか家代表1名(農林漁家民宿の提供)、ホテル角神(団体宿泊)、阿賀の里(物産販売団体)、NPOにいがた奥阿賀ネットワーク(総括・事務局)

利用形態・対象

団体参加の対象

  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 特別支援学校
  • 子供団体
  • 学生団体

利用形態

  • 宿泊
  • 日帰り

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

宿泊定員

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

1回当たりの最大宿泊可能人数(所管する地域内) 整備中
1回当たりの最大宿泊可能人数(近隣地域との連携時) 整備中
1回当たりの最大手配可能軒数(所管する地域内) 60軒
1回当たりの最大手配可能軒数(近隣地域との連携時) 該当なし

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

1回当たりの最大宿泊可能人数 整備中、日帰り可

私たちができること

受入先での支援人材の配置・手配

  • 農林漁業体験の指導者・指導補助者・ガイドの手配
  • 引率者の相談・要望等に対応するスタッフの配置

地域内での各受入先の手配

  • 教員等による下見の手配
  • ホームステイ先(宿泊・生活体験(食事作りを含む))の手配
  • 会場・食事・宿泊・見学先・移動手段等の手配
  • 各農山漁村体験の手配(荒天時の代替プログラムの手配を含む)

地域内での子供達の配慮の手配

  • 地域内のアレルギー・傷病・障がい等を抱える各児童生徒の配慮の手配

地域内での安全管理体制の整備

  • 地域内での緊急連絡体制(病院、消防署、警察、行政等)の整備・設置
  • 地域内・近隣地域にある24時間診療可能な病院との連携
  • 受入関係者向けの安全管理基準の整備(ガイドライン、マニュアル等)
  • 受入関係者を対象にした安全・衛生講習等の実施
  • 受入先(受入家庭等)における損害賠償責任保険の加入

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

受入体制等に関する資料・データ

体験メニューの資料

資料のダウンロードはPCにてお願いします。

地域の特色

受入方針

・繁忙期(4月~10月)に受け入れが集中するため、11月から3月で余裕をもって十分な対応ができる特色あるプログラムを提供する。
・特に冬季間の奥阿賀の雪国体験や小正月行事等を提供したい。
・自然学習等、環境学習や地域学習を充実させたい。
・生徒の体験だけでなく、教師にも体験できるプログラムを用意し、感動を共有できるようにしたい。
・学校の教育目標や学習内容等の要望に合せたプログラム作りを支援したい。

自然・地理的条件等

新潟県と福島県の県境に位置し、新潟県と福島県を結ぶ、JR「磐越西線」、車では「磐越自動車道」「国道49号線」が走る地域です。東京から新潟まで「上越新幹線」又は「関越自動車道より、磐越自動車道を使うルート」と「東北自動車道より磐越自動車道を使うルート」いずれのコース共、約4時間程度(半日)でご来訪できる地域に位置にあります。

歴史・文化的な資源

会津と越後のはざまに位置し、平安時代より700年あまりにわたって会津に属していた東蒲原郡・阿賀町は、個性ある独特の歴史・文化を培ってきました。また、豊かな恵みをもたらしながら時に牙をむく大自然の風土は、東蒲原独自の風俗や習慣を育んできました。
現在、阿賀町では、国指定7(建造物3、史跡2、天然記念物2)、特別天然記念物(カモシカ1)、県指定9(建造物1、彫刻2、工芸品1、工芸技術1、風俗慣習1、史跡1、天然記念物2)、町指定55(建造物2、絵画2、彫刻20、工芸品2、古文書1、民俗芸能1、有形民俗1、史跡9、名勝1、天然記念物16)の総計72件の文化財があります。

農林水産業の状況

阿賀町の農業は、総面積95,000haのうち田の面積が1,200haで7.9%、畑の面積が820haで0.8%、市場には流通しない米や野菜が多く、地産地消を心がける町でもあります。
農林漁業(第一次産業)の就業者数は人口の9.8%、約700人が従事し、農家人口は、約6,000人と少なくなってきてはおりますが、新しい産業を生み出すことにも町をあげて力を入れております。

観光資源

お問い合わせ

窓口組織名 (一社)阿賀町観光協会
担当者氏名 大堀 洋之
住所 〒959-4402 新潟県東蒲原郡阿賀町津川3501-1 狐の嫁入り屋敷
電話番号 0254-92-0220
FAX 0254-92-0211
お問い合わせフォーム https://www.aga-info.jp/お問い合わせ/
窓口組織のURL https://www.aga-info.jp/
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

宿泊・手配先

手配可能な宿泊施設

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

受入家庭(ホームステイ)の数
(以下の*1+*2+*3の合計)
140軒
農林漁業体験民宿等の数*1
(旅館業法の許可を取得した軒数)
10軒
民泊の数*2
(住宅宿泊事業法の届出をした軒数)
0軒
上記以外の宿泊施設の数*3
(都道府県条例、イベント民泊等)
130軒
1軒当たり少人数での対応
2泊以上の連泊対応 回答無し
1泊2食の基本料金(最低価格)*4
6,930円(税込)
*4 基本料金に夕・朝食の共同調理・家事・家業体験が含まれます

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

青少年教育施設の全軒数 5軒

上記以外の集団宿泊可能な施設

軒数 16軒

手配可能な屋内施設

阿賀町公民館上川分館

用途 クラフト体験、食の体験等
収容人数 100人

ふるさと学習館

用途 クラフト体験、食の体験等
収容人数 300

阿賀町教育文化センター

用途 クラフト体験、食の体験等
収容人数 300人

狐の嫁入り屋敷

用途 食の体験、クラフト体験等
収容人数 100人

津川・上川・三川B&G海洋センター

用途 スポーツ体験、レクリエーション等
収容人数 300人

手配可能な支援団体等

花工房「萌」(はなこうぼう「もえ」)

支援可能な役割 阿賀町の花やツルを使った「押し花とリースづくり体験」

光越窯(こうえつがま)

支援可能な役割 阿賀の土を使った「手びねり・絵付け(陶芸体験)」

悠夢窯(ゆうむがま)

支援可能な役割 自分の好きな作品を電動ろくろで陶芸「ろくろ(陶芸体験)」

NPOお山の森の木の学校

支援可能な役割 阿賀町の木を使い、森林を学ぶ「木工体験」

津川カントリークラブ

支援可能な役割 山間地の本格的コースで行う「ゴルフ体験」

奥阿賀ふるさと館

支援可能な役割 世界でたった一つしかない「tamagoの灯り」(和紙のランプシェードづくり体験)

東蒲原郡森林組合

支援可能な役割 総面積90%を誇る大地での「間伐体験」

三川農業振興公社

支援可能な役割 日本一のコシヒカリ「田植え、稲刈り体験」
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

体験メニュー

屋外の体験メニュー

日本一のコシヒカリ田植え体験

ジャンル 農業体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 学校田を用意し、手植えによるコシヒカリの苗の田植え体験。
実施時期 5月上旬 ~ 6月上旬
所用時間 50分
最大参加可能人数 200人
1名あたりの最低価格 3,300円
備考 なぜ「日本一」かと言うと、「新潟=食」を前面に出すために「日本一美味しいコシヒカリ」と名づけた。体験実施場所は、トイレや足を洗う水のあるところを考慮し設定している。
※お米送料は別途となります。

里山の環境学習

ジャンル 自然・環境体験
体験内容 奥阿賀のフィールド(山々)を歩き、環境についたり、森林や自然について学ぶ。
実施時期 5月上旬 ~ 10月下旬
最大参加可能人数 50人
1名あたりの最低価格 880円
備考 ただの環境学習ではない、「里山」。奥阿賀ならではの、山々が生徒に自然の偉大さを、地元に育った方々の話を踏まえて教えてくれる。体験の実施場所は、出発地にトイレがあるところを設定している。

里川の環境学習

ジャンル 自然・環境体験 / 動物・昆虫体験
体験内容 奥阿賀、阿賀野川の流域に住む、班毎に虫や魚たちを網ですくい水槽に入れ、里川の環境について学ぶ。
実施時期 5月上旬 ~ 10月下旬
最大参加可能人数 50人
1名あたりの最低価格 880円
備考 ただの環境学習ではない、「里川」。奥阿賀ならではの、川が生徒に自然の偉大さを、地元に育った方々の話を踏まえて教えてくれる。体験の実施場所は、出発地にトイレがあるところを設定している。

阿賀の味覚 栗拾いと試食

ジャンル 農業体験 / 食体験
体験内容 実りの秋の定番といえば栗。奥阿賀には、たくさんの栗園があります。沢山の栗を拾い、インストラクターが調理したものを味わってみましょう。
実施時期 9月中旬 ~ 10月下旬
最大参加可能人数 100人
1名あたりの最低価格 1,600円
備考 全国の自治体の中でも4つの栗園を所有し、教育旅行を受け入れているところは少ないと思われます。ここ阿賀町である栗園は、「安心・安全」で生産者の顔の見える「新潟の食」を皆様にご提供致します。

日本一のコシヒカリ稲刈り体験

ジャンル 農業体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 学校田を用意し、手刈りによるコシヒカリの稲刈り体験
実施時期 9月上旬 ~ 10月下旬
最大参加可能人数 200人
1名あたりの最低価格 3,300円
備考 なぜ「日本一」かと言うと、「新潟=食」を前面に出すために「日本一美味しいコシヒカリ」と名づけた。体験実施場所は、トイレや足を洗う水のあるところを考慮し設定している。
※お米送料は別途となります。

森林プログラム(間伐・枝打ち)

ジャンル 林業体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 直径15cm~20cmくらいの木を、のこぎり1本で切り倒します。環境保全が叫ばれる中なぜ、木を切らなければならないのかを理解しましょう。
実施時期 5月上旬 ~ 11月下旬
最大参加可能人数 40人
1名あたりの最低価格 3,300円
備考 森林率90%の奥阿賀で環境を学ぶことの出来る体験。作業は大変であるが、木を1本切ったときに、木が倒れる「地響き」を聞くと、心に響く。また1本切った達成感から生徒は感動する。

屋内の体験メニュー

阿賀の達人に学ぶ 蕎麦打ち

ジャンル 食体験
体験内容 蕎麦打ちは簡単そうで簡単ではありません。集中して真剣に取り組むことが出来なければ美味しい蕎麦は打てません。どれだけ真剣に取り組めたかで味が決まるといっても過言ではないでしょう。
最大参加可能人数 60人
1名あたりの最低価格 2,200円
備考 持ち帰ることは「食の安全」上、できないが、時間があれば、自分で打った蕎麦を試食することができる。午前中のプログラムに入れ、昼食をかねて、予算を考えながら行うことはいかがでしょうか。

阿賀の餅米 杵餅つき体験

ジャンル 食体験
体験内容 杵と臼を使い、昔ながらの餅つき体験。つきたてほかほかの御餅を、あんこやごま、きなこなどで食べます。
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 1,650円
備考 時間があれば、つけるあんこや汁餅を作ることからも始めたい。蕎麦打ちと同様、午前中のプログラムに入れ、昼食を兼ねて、時間をかけて実施することはいかがでしょうか。

田舎でつくる本格的 窯焼ピザ

ジャンル 食体験
体験内容 レンガ作りの専門窯で焼く本格的なピザ作りを体験できます。薪を使って、火を操りながら作るので生徒さんにとって大変よい経験になると思います。普段の生活で使っているガスや電気の便利さと比べながら、体験することで新たな発見があるかも知れません。
最大参加可能人数 20人
1名あたりの最低価格 2,200円
備考 本格的な釜焼のピザをプログラムとして提供できる奥阿賀。生地づくりから初め、食べることの楽しさを学ぶ。普段何気なく都会で食べているピザを田舎で食してみることはいかがでしょうか。

高原のハーブアイスクリーム

ジャンル 食体験
体験内容 ペパーミントやラベンダー等のハーブアイスクリームを作ります。ハーブの薬効性などアイスクリームに適したハーブの選び方を教わりおいしいアイスクリームを作りましょう。
実施時期 5月上旬 ~ 11月下旬
最大参加可能人数 20人
1名あたりの最低価格 1,650円
備考 阿賀町の産業課が管轄するハーブ園。ハーブ以外にも様々な植物が栽培されている。ハーブ園の場所は絶景なので、景色も楽しみたい。おしゃれな建物で美味しいアイスクリームを自分で作って食べてみて下さい。

新潟奥阿賀笹団子作り

ジャンル 食体験 / 文化・芸術体験
体験内容 新潟名物の笹団子。その作り方は、同じ新潟県でも地域によって様々です。奥阿賀地方の作り方やなぜ笹の葉を使うのかを学びます。
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 1,650円
備考 笹団子は、ただ蓬を混ぜた餅に団子を包むことではなく、ここまで来た過程を説明することが、重要である。そのことを生徒1人1人にわかってほしい体験です。食の安全面から持ち帰りはできませんが、最終日のお土産購入で、新潟の「笹団子」を買っていただき、生徒のご家族にも食べていただきたい一品といえます。

森林木工体験

ジャンル 文化・芸術体験
体験内容 木の特性の良さを活かして、本棚やラックなどの木工製品を製作します。さらに木工製作を通して、日本全体の森林問題や木の性質を学びます。
最大参加可能人数 20人
1名あたりの最低価格 1,980円
備考 奥阿賀の自然を知り尽くしたインストラクターから森林や使用する木々について学ぶ。生徒は真剣に製作する体験になることでしょう。
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

アクセス

アクセス

会津若松市から車・バスを使用する場合

行き方 会津若松I.C→磐越自動車道→津川I.C→受入場所
所要時間 45分

会津若松市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 JR会津若松駅→(磐越西線)→JR津川駅→受入場所
所要時間 90分

新潟市から車・バスを使用する場合

行き方 新潟中央I.C→磐越自動車道→津川I.C→受入場所
所要時間 45分

新潟市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 JR新潟駅→(磐越西線)→JR津川駅→受入場所
所要時間 90分

高速道ICからの所要時間

三川IC から 5分
津川IC から 5分
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

実績

農山漁村体験として受け入れた学校の数

団体にお問合せ下さい。

農山漁村体験として受け入れた学校以外(社会教育)の数*1

団体にお問合せ下さい。

*1 農山漁村体験に参加したすべての人数・活動を指す。

  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook
メニュー open メニュー close
ページのトップへ戻る