鹿児島県出水市

いずみ民泊体験推進協議会

イズミミンパクタイケンスイシンキョウギカイ

宿泊定員
ホームステイ(分泊)/180人(近隣地域への追加手配時/200人)
集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)/450人

窓口組織
出水市



基本情報

私たちについて

団体の構成員

・(一社)出水民泊プランニング(事務局)
・出水市(人材育成・プログラム創出)
・出水市観光協会(モニターツアー)
・(有)出水観光旅行社(モニターツアー)
・出水地区ホテル旅館生活衛生同業組合(モニターツアー)
・民泊受入農家

利用形態・対象

団体参加の対象

  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 特別支援学校
  • 子供団体
  • 学生団体
  • 海外の学校
  • 国際交流
  • 企業・団体

個人・グループ参加の対象

  • 幼児
  • 少年
  • 青年
  • 成人
  • 親子

利用形態

  • 宿泊
  • 日帰り

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

宿泊定員

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

1回当たりの最大宿泊可能人数(所管する地域内) 180人
1回当たりの最大宿泊可能人数(近隣地域との連携時) 200人
1回当たりの最大手配可能軒数(所管する地域内) 45軒
1回当たりの最大手配可能軒数(近隣地域との連携時) 50軒

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

1回当たりの最大宿泊可能人数 450人

私たちができること

受入先での支援人材の配置・手配

  • 農林漁業体験の指導者・指導補助者・ガイドの手配
  • 保健師・看護師の手配
  • 引率者の相談・要望等に対応するスタッフの配置

地域内での各受入先の手配

  • 教員等による下見の手配
  • ホームステイ先(宿泊・生活体験(食事作りを含む))の手配
  • 会場・食事・宿泊・見学先・移動手段等の手配
  • 各農山漁村体験の手配(荒天時の代替プログラムの手配を含む)

地域内での子供達の配慮の手配

  • 地域内のアレルギー・傷病・障がい等を抱える各児童生徒の配慮の手配
  • 地域内での発達障がい等の困難を抱える各児童生徒の配慮の手配

事前学習のサポート

  • 事前学習で使用できる資料・データの提供
  • インターネットを活用した事前交流・遠隔講義等の実施協力
  • 事前学習での人材派遣

事後学習のサポート

  • 事後学習で使用できる資料・成果物等の提供
  • インターネットを活用した事後交流・遠隔講義等の実施協力
  • 事後学習・発表会等での人材派遣

地域内での安全管理体制の整備

  • 地域内での緊急連絡体制(病院、消防署、警察、行政等)の整備・設置
  • 地域内・近隣地域にある24時間診療可能な病院との連携
  • 地域内での災害時対策の整備(初期行動・避難方法・避難マップ等)
  • 受入関係者向けの安全管理基準の整備(ガイドライン、マニュアル等)
  • 受入関係者を対象にした安全・衛生講習等の実施
  • 受入先(受入家庭等)における損害賠償責任保険の加入

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

受入体制等に関する資料・データ

モデルプログラムの資料

体験メニューの資料

団体の安全管理基準(ガイドライン・マニュアル等)

緊急連絡体制の概略図

資料のダウンロードはPCにてお願いします。

地域の特色

受入方針

ホームステイでは1軒の受入家庭当たり3~4人を基本に受け入れています。出水市内を8つの地区に分け、それぞれに世話人を設置しています。 米ノ津のみかん、大川内の畜産というように地区ごとに主たる農業の特色があります。出水産のみかんは、県内で地域ブランド になっており、農家のこだわりを学ぶことができます。一方で、養蜂農家・苗木農家・子牛の育成農家・黒豚農家といった特殊な農家もあり、農業の奥深さを体験できるメニューの提供を行っています。

自然・地理的条件等

平成18年3月に、出水市・高尾野町・野田町が合併して、出水市が誕生しました。
鹿児島県の北西部に位置し、北は熊本県水俣市に隣接しています。
北部は八代海(不知火海)に面し、東部は矢筈岳を主峰とする肥薩山塊が北東に走り、南部は紫尾山を中心とする山塊が東西に伸びています。
市の大半は扇状地で、米ノ津川、高尾野川、野田川が北西に流れ、八代海に注いでいます。
平成23年春には九州新幹線が全線開通し、新幹線停車駅の出水駅を入村式の場所とすると大阪から約4時間で到着できます。

歴史・文化的な資源

国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された麓武家屋敷群には出水假屋門・武家門・石垣・生垣や竹添屋敷など4軒の建築物があるほか、伝統的建造物として特定された建造物などがほぼ昔の姿で残っており、当時の面影を今に伝えています。
特攻慰霊碑は旧海軍航空隊出水基地の一角で、碑は当時の戦闘指揮所地下壕の上に立ち、200人以上と推定される出水からの出撃隊員のうち、確実に判明した60余名だけの氏名が刻まれています。

農林水産業の状況

温暖な気候を活かして、みかんの産地で有名です。広大な出水平野を生かした稲作も盛んで、また、植木農家も多いところです。一方、畜産業に目を向けると、マルイ農協と赤鶏農協と養鶏専門農協を2つ抱えるほどブロイラー農家と採卵鶏農家が多く、黒毛和牛の肥育農家をはじめ酪農・生産牛農家も多く、畜産業も盛んです。

観光資源

毎年1万羽を超えるツルが越冬する世界有数のツルの渡来地として知られています。薩摩藩最大規模の武家屋敷群である出水麓は、江戸時代の面影を今も色濃く残しています。

お問い合わせ

窓口組織名 出水市
部署名 産業振興部 シティセールス課 
担当者氏名 児玉 雄二
住所 〒899-0292 鹿児島県出水市緑町1-3
電話番号 0996-63-4061
窓口組織のURL http://www.izumi-taiken.com/index.html
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

宿泊・手配先

手配可能な宿泊施設

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

受入家庭(ホームステイ)の数
(以下の*1+*2+*3の合計)
112軒
農林漁業体験民宿等の数*1
(旅館業法の許可を取得した軒数)
25軒
民泊の数*2
(住宅宿泊事業法の届出をした軒数)
0軒
上記以外の宿泊施設の数*3
(都道府県条例、イベント民泊等)
87軒
宿泊施設内の農林漁家の軒数
112軒
1軒当たり少人数での対応
2泊以上の連泊対応 不可
1泊2食の基本料金(最低価格)*4
8,800円(税込)
*4 基本料金に夕・朝食の共同調理・家事・家業体験が含まれます

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

青少年教育施設の全軒数 1軒

上記以外の集団宿泊可能な施設

軒数 5軒

手配可能な屋内施設

出水市ツル博物館 クレインパークいずみ

用途 集会、屋内体験の会場
収容人数 100人
ホームページ https://www.city.kagoshima-izumi.lg.jp/cranepark/

手配可能な支援団体等

一般社団法人 出水民泊プランニング

住所 〒899-0202 鹿児島県出水市昭和町16-5 出水観光ビル2F
電話番号 0996-79-3320
支援可能な役割 出水市の地域素材を活かした体験学習の指導
ホームページ http://www.izumi-taiken.com/index.html

出水市ツル博物館 クレインパークいずみ

住所 〒899-0208 鹿児島県出水市文化町1000番地
電話番号 0996-63-8915
支援可能な役割 鶴や野鳥を中心に豊かな自然環境についての指導
ホームページ https://www.city.kagoshima-izumi.lg.jp/cranepark/
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

体験メニュー

屋外の体験メニュー

みかん農作業体験

ジャンル 農業体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 出水市区の基幹産業である柑橘栽培を学ぶために、季節ごとに実施される農作業を実施する。単なるみかんの収穫体験ではなく、草刈り、剪定、摘蕾等、一年間実施される農作業を実施する。
所用時間 60分
最大参加可能人数 40人
備考 出水地区では多様な種類の柑橘類が栽培されており、実施人数にもよるがほぼ年間を通して、実施が可能です。

酪農農家のお手伝い

ジャンル 農業体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 出水市大川内地区の仔牛飼育農家で、仔牛へのミルクやり、牛糞の処理を行うことで、農業の楽しさや生命を育てる農業の魅力について学ぶ機会にする。
所用時間 20分
最大参加可能人数 20人
備考 普段接することのない「仔牛」にミルクを与え、心音を聞くことで、親近感を持ってもらえるが、私たちが生きていく「食べ物」でり、命が繋がっていることを、体験が終わっても家庭や学校で考えて貰いたい。

屋内の体験メニュー

出水市ツル博物館クレインパークいずみの見学

ジャンル 動物・昆虫体験
体験内容 ツルの展示専門の博物館でツルの生態や世界のツルの分布またツルと日本人との歴史を学習する。
1名あたりの最低価格 50円
ホームページ https://www.city.kagoshima-izumi.lg.jp/cranepark/

ツル監視員の話

ジャンル 動物・昆虫体験
体験内容 国際保護鳥の野生のツルを監視している監視員の方の話を聞き、鶴の数をどのようにして数えるのかを具体的に説明してもらう。
1名あたりの最低価格 200円

田舎料理作り

ジャンル 食体験
体験内容 地域で採れる食材を使って、出水市に伝統的に伝わる家庭料理をつくり、皆でたべる。
1名あたりの最低価格 1,000円

平和学習

ジャンル その他
体験内容 出水市には戦前・戦中に特攻隊に基地があり、そこで訓練した飛行士が真珠湾攻撃や特攻隊の隊員として飛び立っていったという歴史が残っている。その話をもとに平和学習を行う。
1名あたりの最低価格 200円
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

アクセス

アクセス

鹿児島県鹿児島市から車・バスを使用する場合

行き方 国道328号線
所要時間 100分

鹿児島県鹿児島市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 鹿児島中央駅-出水駅
所要時間 25分

福岡県福岡市から車・バスを使用する場合

行き方 九州自動車-南九州西回り自動車道-国道3号線
所要時間 180分

福岡県福岡市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 博多駅-新八代駅-出水駅
所要時間 70分

高速道ICからの所要時間

南九州西回り自動車道 水俣IC から 30分

アクセスマップ

マップURL http://www.izumi-taiken.com/access/access.html
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

実績

農山漁村体験として受け入れた学校の数

団体にお問合せ下さい。

農山漁村体験として受け入れた学校以外(社会教育)の数*1

団体にお問合せ下さい。

*1 農山漁村体験に参加したすべての人数・活動を指す。

  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook
メニュー open メニュー close
ページのトップへ戻る