青森県南部町

達者村ホームスティ連絡協議会

タッシャムラホームスティレンラクキョウギカイ

宿泊定員
ホームステイ(分泊)/120人(近隣地域への追加手配時/220人)
集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)/該当なし

窓口組織
南部町



基本情報

私たちについて

団体の構成員

①受入農家、②南部町(コーディネート、指導・助言)

資料

資料のダウンロードはPCにてお願いします。

利用形態・対象

団体参加の対象

  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 特別支援学校
  • 子供団体
  • 学生団体
  • 海外の学校
  • 国際交流
  • 企業・団体

個人・グループ参加の対象

  • 幼児
  • 少年
  • 青年
  • 成人
  • 親子

利用形態

  • 宿泊
  • 日帰り

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

宿泊定員

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

1回当たりの最大宿泊可能人数(所管する地域内) 120人
1回当たりの最大宿泊可能人数(近隣地域との連携時) 220人
1回当たりの最大手配可能軒数(所管する地域内) 要相談
1回当たりの最大手配可能軒数(近隣地域との連携時) 要相談

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

1回当たりの最大宿泊可能人数 該当なし

私たちができること

受入先での支援人材の配置・手配

  • 農林漁業体験の指導者・指導補助者・ガイドの手配
  • 引率者の相談・要望等に対応するスタッフの配置

地域内での各受入先の手配

  • 教員等による下見の手配
  • ホームステイ先(宿泊・生活体験(食事作りを含む))の手配
  • 会場・食事・宿泊・見学先・移動手段等の手配
  • 各農山漁村体験の手配(荒天時の代替プログラムの手配を含む)

地域内での子供達の配慮の手配

  • 地域内のアレルギー・傷病・障がい等を抱える各児童生徒の配慮の手配
  • 地域内での発達障がい等の困難を抱える各児童生徒の配慮の手配

事前学習のサポート

  • 事前学習で使用できる資料・データの提供
  • 事前学習での人材派遣

事後学習のサポート

  • 事後学習で使用できる資料・成果物等の提供
  • 事後学習・発表会等での人材派遣

地域内での安全管理体制の整備

  • 地域内での緊急連絡体制(病院、消防署、警察、行政等)の整備・設置
  • 地域内・近隣地域にある24時間診療可能な病院との連携
  • 受入関係者向けの安全管理基準の整備(ガイドライン、マニュアル等)
  • 受入関係者を対象にした安全・衛生講習等の実施
  • 受入先(受入家庭等)における損害賠償責任保険の加入

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

受入体制等に関する資料・データ

パンフレット

モデルプログラムの資料

団体の安全管理基準(ガイドライン・マニュアル等)

緊急連絡体制の概略図

資料のダウンロードはPCにてお願いします。

地域の特色

受入方針

①なぜ、今農業体験が必要な時代なのでしょうか。
都会では食べられるのがあたりまえと思われていますが、食糧自給率を考えてみても非常に危険な時代であることを若い父母達は食糧難の経験がないため関心が少ないことは否めません。しかしながら、一度農業体験に訪れた来客者は食糧自給率を含めた食の安全、食育の推進を重要視してきています。
②どのような交流をするべきなのでしょうか。
・いかに相手に早く、溶け込めるか。容姿で相手を判断するのではなく、自己表現の一つであり、外見は一見派手さのある生徒が見受けられるが、体格は大人でも心は不安定であり、内面は素直な生徒が多いことから心から優しく迎えることが最も大切です。
・生徒の親からも感謝され、さらには人生の親・師となれるか。農業体験した後の生徒の行動の一例として、人生の岐路に立ったときに友・親・先生に相談すべきところ、民泊した農家に相談しに来た事実もあるくらい、数日間であっても正面から真摯に向き合うことによって誰よりも信頼関係が生まれる現実を体験させます。
・生徒のプロフィールの事前熟知の理由とは。プロフィールの内容に十分目を通し、顔と名前は最低でも記憶することで、短期間で生徒の心を掴むために初対面で名前を呼ばれる驚きと安心・感動を演出することが可能となります。
・食事は御馳走を提供するべきか。当地域での農業体験というためにも、生徒も調理に参加させ、出来る限り地元の取れたての食材を活用した地方ならではの料理(せんべい汁など)を提供することにより、田舎のすばらしさを体験させます。
・感動を与え・自分も感動できるか。都会では体験出来ない何かを与える努力を常に心掛けています。この地域ならではの歴史、文化、伝統などの話をしながら時を過ごすことに努めています。

自然・地理的条件等

南部町は青森県の南東に位置し、八戸市の西部に隣接しており、町の北側に国道2路線(4号、104号)が通り、町の東南部を囲むように高速道路八戸自動車道が走っている。
町の北側を青い森鉄道(町内に4駅)が横断しており、隣接する八戸市には東北新幹線八戸駅がある。町の中央を流れる1級河川馬淵川の沿岸部は帯状に肥沃な平野が広がり、水稲や野菜の栽培が行なわれており、南西部には、標高615mの名久井岳がそびえ、丘陵地帯では果樹栽培が盛んに行なわれている。

歴史・文化的な資源

南部町は南部藩発祥の地として、古くから発達してきた歴史深い町である。国の重要文化財である「南部利康霊屋」、鎌倉執権・北条時頼公が創建した「法光寺」などの貴重な建造物遺産、「南部七唄」、「南部七踊り」、「えんぶり」などの伝統芸能遺産などの文化的資源が豊富な地域である。

農林水産業の状況

本町の基幹産業である農業は、「偏東風(ヤマセ)」と呼ばれる風が吹く冷涼な気象条件を克服して育まれ、サクランボ・西洋ナシ・スモモ・ウメなどの果物、食用菊・ナス・サヤインゲンなどの野菜は県内一の生産量を誇り、水稲の生産も盛んです。また、町原産のニンニク「ふくちホワイト6片種」やフランス生まれの南部町育ちと言われる「ゼネラル・レクラーク」など農産品のブランド化も図っています。林業は、戦後植林された人工林が成熟期を迎えつつありますが、木材価格の低迷による採算性の悪化、従事者の高齢化などによる手入れ不足のため、木材資源の質の低下、森林の持つ国土保全・水源かん養などの公益的機能の低下が懸念されています。また、近年、地球温暖化の防止や癒しなど、森林の果たす役割が重要視されています。畜産業は、肉用牛・乳用牛・豚・ブロイラー・採卵鶏の畜養が行われています。水産業は、馬淵川・如来堂川・猿辺川の清流を活用した内水面漁業が主となっており、アユ・ウグイ・モクズガニなどが漁獲されます。また、サケのふ化・稚魚放流事業やナマズの養殖事業にも取り組んでいます。

お問い合わせ

窓口組織名 南部町
部署名 交流推進課
担当者の役職 達者村推進班
住所 〒039-0892 青森県三戸郡南部町大字苫米地下宿23-1
電話番号 0178-84-2123
FAX 0178-84-2592
窓口組織のURL http://www.town.aomori-nanbu.lg.jp/index.cfm/13,4461,65,html
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

宿泊・手配先

手配可能な宿泊施設

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

受入家庭(ホームステイ)の数
(以下の*1+*2+*3の合計)
28軒
農林漁業体験民宿等の数*1
(旅館業法の許可を取得した軒数)
28軒
民泊の数*2
(住宅宿泊事業法の届出をした軒数)
0軒
上記以外の宿泊施設の数*3
(都道府県条例、イベント民泊等)
2軒
宿泊施設内の農林漁家の軒数
26軒
1軒当たり少人数での対応
2泊以上の連泊対応 不可
1泊2食の基本料金(最低価格)*4
6,000円(税込)
*4 基本料金に夕・朝食の共同調理・家事・家業体験が含まれます

手配可能な屋内施設

団体にお問合せ下さい。

手配可能な支援団体等

団体にお問合せ下さい。
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

体験メニュー

屋外の体験メニュー

果樹木の剪定枝の片付け

ジャンル 農業体験 / 社会奉仕体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 果樹木を剪定作業した後の枝を指定した場所に集める整理、片付け作業
実施時期 5月上旬 ~ 6月上旬
最大参加可能人数 200人
1名あたりの最低価格 2,000円

りんご・桃・梨の摘花、人工授粉

ジャンル 農業体験 / 社会奉仕体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 果樹を確実に収穫するための摘花作業と結実させるための人工授粉作業
実施時期 5月下旬 ~ 6月中旬
最大参加可能人数 200人
1名あたりの最低価格 2,000円

各種野菜苗の植付け

ジャンル 農業体験 / 社会奉仕体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 各種の野菜の苗を畑にポットから抜き取り植え付ける作業
実施時期 6月下旬 ~ 7月下旬
最大参加可能人数 100人
1名あたりの最低価格 2,000円

さくらんぼ収穫、箱詰、販売

ジャンル 農業体験 / 社会奉仕体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 さくらんぼを収穫し、それを入れるための箱作り作業をし、箱詰めをしてから臨時販。売所での販売体験
実施時期 6月下旬 ~ 7月下旬
最大参加可能人数 100人
1名あたりの最低価格 2,000円

りんごの葉摘み、袋掛け、りんごの収穫

ジャンル 農業体験 / 社会奉仕体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 りんごの葉摘み作業、袋掛け作業、かごを使用してのりんごの収穫体験
実施時期 8月下旬 ~ 11月上旬
最大参加可能人数 200人
1名あたりの最低価格 2,000円

屋内の体験メニュー

農作業小屋での農業体験

ジャンル 農業体験 / 社会奉仕体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 農業を営むための農機具の格納庫、雨天時の農産物の整理等を行なう作業小屋での農作業体験を行う。
実施時期 9月上旬 ~ 11月下旬
最大参加可能人数 100人
1名あたりの最低価格 2,000円

民家の清掃体験

ジャンル 社会奉仕体験
体験内容 築数十年の古民家の窓拭き・清掃を行ないながら、農家住宅を実地体験する。
実施時期 4月中旬 ~ 11月下旬
最大参加可能人数 200人
1名あたりの最低価格 2,000円
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

アクセス

アクセス

三沢市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 三沢空港→東北本線三沢駅→八戸駅→青い森鉄道三戸駅→南部町ふれあい交流プラザ
所要時間 60分

八戸市から車・バスを使用する場合

行き方 国道104号線→国道4号線→南部町ふれあい交流プラザ
所要時間 30分

八戸市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 東北新幹線八戸駅→青い森鉄道三戸駅→南部町ふれあい交流プラザ
所要時間 30分

高速道ICからの所要時間

八戸自動車道 一戸IC から 45分
八戸自動車道 南郷IC から 35分

アクセスマップ

マップURL http://www.town.aomori-nanbu.lg.jp/index.cfm/13,4459,64,html
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

実績

農山漁村体験として受け入れた学校の数

団体にお問合せ下さい。

農山漁村体験として受け入れた学校以外(社会教育)の数*1

団体にお問合せ下さい。

*1 農山漁村体験に参加したすべての人数・活動を指す。

  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook
メニュー open メニュー close
ページのトップへ戻る