宮城県南三陸町

(一社)南三陸町観光協会

イッパンシャダンホウジンミナミサンリクチョウカンコウキョウカイ

宿泊定員
ホームステイ(分泊)/80人(近隣地域への追加手配時/180人)
集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)/要相談

窓口組織
(一社)南三陸町観光協会



基本情報

私たちについて

団体の構成員

JA南三陸・JF宮城・森林組合・商工会(バックアップ)、南三陸町ファームステー推進協議会(民泊受入・農漁業体験)、南三陸町民宿組合(宿泊受入組織)、グリーンツーリズム体験<校舎の宿>さんさん館(宿泊・体験活動)、南三陸町平成の森(宿泊受入・体験活動実践)、南三陸町ひころの里 ガイドサークル汐風、自然と親しむ会・ふるさと研究会等(インストラクター)

利用形態・対象

団体参加の対象

  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 特別支援学校
  • 子供団体
  • 学生団体
  • 海外の学校
  • 国際交流
  • 企業・団体

個人・グループ参加の対象

  • 少年
  • 青年
  • 成人
  • 親子

利用形態

  • 宿泊
  • 日帰り

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

宿泊定員

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

1回当たりの最大宿泊可能人数(所管する地域内) 80人
1回当たりの最大宿泊可能人数(近隣地域との連携時) 180人
1回当たりの最大手配可能軒数(所管する地域内) 25軒
1回当たりの最大手配可能軒数(近隣地域との連携時) 要相談

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

1回当たりの最大宿泊可能人数 要相談

私たちができること

受入先での支援人材の配置・手配

  • 農林漁業体験の指導者・指導補助者・ガイドの手配
  • 引率者の相談・要望等に対応するスタッフの配置

地域内での各受入先の手配

  • 教員等による下見の手配
  • ホームステイ先(宿泊・生活体験(食事作りを含む))の手配
  • 会場・食事・宿泊・見学先・移動手段等の手配
  • 各農山漁村体験の手配(荒天時の代替プログラムの手配を含む)

地域内での子供達の配慮の手配

  • 地域内のアレルギー・傷病・障がい等を抱える各児童生徒の配慮の手配

地域内での安全管理体制の整備

  • 地域内での緊急連絡体制(病院、消防署、警察、行政等)の整備・設置
  • 地域内・近隣地域にある24時間診療可能な病院との連携
  • 受入関係者向けの安全管理基準の整備(ガイドライン、マニュアル等)
  • 受入関係者を対象にした安全・衛生講習等の実施
  • 受入先(受入家庭等)における損害賠償責任保険の加入

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

受入体制等に関する資料・データ

パンフレット

モデルプログラムの資料

団体の安全管理基準(ガイドライン・マニュアル等)

緊急連絡体制の概略図

資料のダウンロードはPCにてお願いします。

地域の特色

たくさんの出会いと未知なる発見が、子どもたちの学びの心を育みます。 南三陸から伝えたい、未来があります。

受入方針

受入農漁家の人たちは、東北地方の飾らない素朴で暖かいな人柄で子ども達を受け入れます。
自然の姿や農漁業で暮らす人たちとのふれあいや町の生活文化の中での生活体験は、子ども達にとって良い出会いや学び・刺激になると思います。

自然・地理的条件等

南三陸町は仙台から車で90分ぐらいの位置にあり、太平洋を望むようにリアス式海岸が続く南三陸金華山国定公園の中にあります。緑の山並と青い海が織りなす美しい景観は町の観光資源でもあり、目の前の海はウニ、タコ、アワビ、ホタテ、カキなど、新鮮で美味しい魚介の天然の漁場であります。また里山では鳥獣も昆虫たちも自然のままに生きています。地形の特徴は、志津川湾を囲むように三方を300m~500m程の山並みに囲まれた地形で、湾に流れ込む河川の水は全て町域に降った雨を集めて流れており、地域完結型の自然環境が保たれた全国的にも珍しく貴重な地形となっています。
町は中心地から約30分程でどこにでも移動できる広さで、海・山・里の恵まれた環境がぎっしり詰まった地形です。

歴史・文化的な資源

世界遺産の候補とされている奥州藤原文化に繋がる産金の歴史と、その時代の金山跡や藤原氏にまつわる歴史的な史跡もある。また、伊達藩の中心産業であった養蚕の発祥の地であった。(南三陸町バーチャルミュージアム参照)更に、300年続く県指定民俗芸能の入谷打ち囃子などがあり、山間部の地域では昔ながらの懐かしい生活習慣が残っており民話や伝統を大切にする風土が残されている。

農林水産業の状況

産業においては、農業は中山間地の地形を活かし、養蚕・葉たばこ・輪菊・葉菜類の栽培や畜産業に取り組んでおり、水産業はギンザケ・カキ・ホタテ・ホヤ・ワカメの養殖が盛んで、漁協単位の白鮭の水揚量は本州で第2位を誇り、街の中を流れる八幡川で鮭の遡上が見られます。

観光資源

お問い合わせ

窓口組織名 (一社)南三陸町観光協会
部署名 総務企画部門
担当者の役職 チーフ
担当者氏名 及川 和人
住所 〒986-0768 宮城県本吉郡南三陸町志津川御前下51-1
電話番号 0226-47-2550
FAX 0226-46-3080
お問い合わせフォーム https://www.m-kankou.jp/contact/
窓口組織のURL https://www.m-kankou.jp/education-company/
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

宿泊・手配先

手配可能な宿泊施設

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

受入家庭(ホームステイ)の数
(以下の*1+*2+*3の合計)
30軒
農林漁業体験民宿等の数*1
(旅館業法の許可を取得した軒数)
2軒
民泊の数*2
(住宅宿泊事業法の届出をした軒数)
0軒
上記以外の宿泊施設の数*3
(都道府県条例、イベント民泊等)
28軒
宿泊施設内の農林漁家の軒数
20軒
1軒当たり少人数での対応
2泊以上の連泊対応
1泊2食の基本料金(最低価格)*4
7,150円(税込)
*4 基本料金に夕・朝食の共同調理・家事・家業体験が含まれます

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

青少年教育施設の全軒数 1軒

上記以外の集団宿泊可能な施設

軒数 15軒

手配可能な屋内施設

南三陸ポータルセンター

用途 講話等
収容人数 100人

平成の森体育館

用途 スポーツレクレーション
収容人数 100人

スポーツ交流村(総合体育館)

用途 スポーツレクレーション
収容人数 800人

さんさん館体育館

用途 スポーツレクレーション
収容人数 100人

手配可能な支援団体等

歌津うみしょくにん

支援可能な役割 水産体験全般

ネイチャーセンター友の会

支援可能な役割 自然・環境体験全般

南三陸森林組合

支援可能な役割 林業体験 間伐体験 枝打ち体験

神割崎観光プラザ

支援可能な役割 野外体験 キャンプ

自然と親しむ会

支援可能な役割 農林体験全般 自然観察・山菜・きのこ採り・バードウオッチング

さんさん館

支援可能な役割 農林水産体験全般

ひころの里

支援可能な役割 農林体験全般 特に機織・繭細工

南三陸町ファームステー推進協議会

支援可能な役割 農林水産体験全般
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

体験メニュー

屋外の体験メニュー

語り部による学びのプログラム(まちあるき語り部)

ジャンル 交流体験 / その他
体験内容 急ピッチで復興工事が進む南三陸。日々変わり続けるまちの風景をガイドと共にゆっくりと歩きながら南三陸の「今」に触れてみませんか?
実施時期 通年 
備考 希望日の前日までにお申込みください。なお、状況によりお受けできない場合がございますので、ご了承下さい。
ホームページ https://www.m-kankou.jp/top-2/

手ぶらでフィッシング!

ジャンル 漁業体験 / 交流体験
体験内容 歌津(うたつ)地区泊浜で暮らす漁師。ホタテやカキ、わかめの養殖を営んできました。津波により養殖イカダや施設が大きな被害受けました。震災後、若い世代の漁師達と海の楽しさ、海産物の美味しさ、伝える為養殖施設の見学やカゴ漁、釣り体験、海の幸の直販を行っています。
実施時期 5月 ~ 11月
所用時間 120分
最大参加可能人数 12人
1名あたりの最低価格 4,500円
ホームページ https://www.m-kankou.jp/program/207.html/

農業体験

ジャンル 農業体験 / 交流体験
体験内容 自分が普段口にしている食材がどこでどう育ち、育てられ、運ばれているのか。人と交流をしながら農業に触れ、南三陸町の特徴でもある「森・里・海そして人」の循環を学びます。
備考 詳細はお問い合わせください。

まるごとひつじ体験

ジャンル 農業体験 / 社会奉仕体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 自然との「共生」を目指し、多くの移住者の力によって開拓されたさとうみファーム。地元のわかめを食べて育てる「わかめ羊」のブランド化を目指しています。羊牧場で飼育のお手伝いと羊毛ワークショップを通して羊博士になれる体験です。
備考 詳細はお問い合わせください。
ホームページ https://www.m-kankou.jp/education-company/

枝打ち間伐体験

ジャンル 林業体験 / 職業観・勤労体験
体験内容 樹木の枝を幹から切り落とす枝打ち、混み合う森林の木々を間引きする間伐。どちらも山を守るための大切な保育作業です。山をこよなく愛す方々よりレクチャーを受けながら木に触れていきます。
備考 詳細はお問い合わせください。
ホームページ https://www.m-kankou.jp/education-company/

遊歩道整備

ジャンル 社会奉仕体験
体験内容 震災以降整備の手が行き届かず、荒廃してしまった歩道の整備を行います。地域の方々が行事に使用したり、観光に訪れた方が散策できるコースづくりに取り組みます。
備考 詳細はお問い合わせください。
ホームページ https://www.m-kankou.jp/education-company/

屋内の体験メニュー

東日本大震災〜語り部による学びのプログラム〜

ジャンル 交流体験 / その他
体験内容 2011年3月11日、東日本大震災によって失われたものは数多くありますが、学んだこと、大切だと気づいた事がたくさんあります。
この震災を風化させず、次の世代に安心で安全な未来を引き継ぐため、 この震災から学んだこと、教訓になった事をお伝えします。
実施時期 通年 
備考 “講話”だけでなく、”バス”で案合するコースも選択できます。年末年始と3月11日のご予約は承りかねます。
ホームページ https://www.m-kankou.jp/tour/storyteller/

福幸玉づくり体験

ジャンル 文化・芸術体験
体験内容 漁網を浮かせる目的や目印として海に浮かぶ「浮き球」をイメージしたストラップ制作。4人のお子さんを育てる地元のお母さんが講師を務めます。
実施時期 通年 
所用時間 90分
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 1,500円
ホームページ https://www.m-kankou.jp/program/165980.html/

キリコ体験学習

ジャンル 文化・芸術体験
体験内容 南三陸町の家々の神棚には、白い切り紙「キリコ」が飾られています。
縁起物の絵柄が宮司さんの手により、繊細に作られているキリコ。
キリコとは??のお話を志津川地区の上山八幡宮の工藤真弓さん(禰宜ねぎ)に伺った後、 実際に「キリコ」作りにも挑戦してみましょう。
所用時間 120分
最大参加可能人数 20人
1名あたりの最低価格 1,800円
ホームページ https://www.m-kankou.jp/tour/kiriko-program/

オクトパス君色塗り体験

ジャンル 文化・芸術体験
体験内容 南三陸産のタコが復興のシンボル「オクトパス君」として誕生しました。里山の工房で地域の歴史に触れながら、オクトパス君の製作体験をします。
実施時期 通年 
最大参加可能人数 20人
1名あたりの最低価格 2,000円
ホームページ https://www.m-kankou.jp/education-company/

里山おとうふ作り体験

ジャンル 食体験
体験内容 南三陸町入谷地区で休耕田を活用し、大豆の栽培などを行っている女性農業グループが豆腐作りを指導します。
実施時期 通年 
所用時間 150分
最大参加可能人数 20人
1名あたりの最低価格 1,000円
ホームページ https://www.m-kankou.jp/program/14753.html/
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

アクセス

アクセス

一関市から車・バスを使用する場合

行き方 一関→国道342号→登米市→国道398号→志津川駅
所要時間 60分

一関市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 仙台→新幹線→くりこま高原駅→マイクロバス→志津川駅
所要時間 75分

仙台市から車・バスを使用する場合

行き方 仙台市→三陸自動車道→登米・東和IC→国道45号→志津川駅
所要時間 90分

仙台市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 仙台駅→JR気仙沼線→志津川駅
所要時間 120分

高速道ICからの所要時間

東北自動車道 築館IC から 60分
三陸自動車道 登米・東和IC から 20分

アクセスマップ

マップURL https://www.m-kankou.jp/access/
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

実績

農山漁村体験として受け入れた学校の数

団体にお問合せ下さい。

農山漁村体験として受け入れた学校以外(社会教育)の数*1

団体にお問合せ下さい。

*1 農山漁村体験に参加したすべての人数・活動を指す。

  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook
メニュー open メニュー close
ページのトップへ戻る