兵庫県姫路市(家島町)

家島諸島都市漁村交流推進協議会

イエマチチョウスイサンカンコウスイシンキョウギカイ

宿泊定員
ホームステイ(分泊)/120人(近隣地域への追加手配時/該当なし)
集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)/1軒

窓口組織
家島町観光事業組合



基本情報

私たちについて

団体の構成員

家島町観光事業組合・男鹿島観光事業組合・家島漁業協同組合・坊勢漁業協同組合・姫路市家島事務所・姫路市水産漁港課・兵庫県立いえしま自然体験センター

資料

資料のダウンロードはPCにてお願いします。

利用形態・対象

団体参加の対象

  • 小学校
  • 中学校
  • 高校
  • 特別支援学校
  • 子供団体
  • 学生団体

利用形態

  • 宿泊
  • 日帰り

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

宿泊定員

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

1回当たりの最大宿泊可能人数(所管する地域内) 120人
1回当たりの最大宿泊可能人数(近隣地域との連携時) 該当なし
1回当たりの最大手配可能軒数(所管する地域内) 3軒
1回当たりの最大手配可能軒数(近隣地域との連携時) 該当なし

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

1回当たりの最大宿泊可能人数 1軒

私たちができること

受入先での支援人材の配置・手配

  • 農林漁業体験の指導者・指導補助者・ガイドの手配
  • 引率者の相談・要望等に対応するスタッフの配置

地域内での各受入先の手配

  • 教員等による下見の手配
  • ホームステイ先(宿泊・生活体験(食事作りを含む))の手配
  • 会場・食事・宿泊・見学先・移動手段等の手配
  • 各農山漁村体験の手配(荒天時の代替プログラムの手配を含む)

地域内での子供達の配慮の手配

  • 地域内のアレルギー・傷病・障がい等を抱える各児童生徒の配慮の手配

地域内での安全管理体制の整備

  • 地域内での緊急連絡体制(病院、消防署、警察、行政等)の整備・設置
  • 地域内・近隣地域にある24時間診療可能な病院との連携
  • 受入関係者向けの安全管理基準の整備(ガイドライン、マニュアル等)
  • 受入関係者を対象にした安全・衛生講習等の実施
  • 受入先(受入家庭等)における損害賠償責任保険の加入

※ △の項目については各受入地域団体にお問い合わせ下さい。

受入体制等に関する資料・データ

緊急連絡体制の概略図

資料のダウンロードはPCにてお願いします。

地域の特色

受入方針

家島の観光で訪れたり、海で活動される方々の要望にできる限り応えられるように、情報と人材の共有化を図り、様々な人たちの協力を得て実行して行きます。また、家島に積極的に足を運んでいただき、様々な活動を通して元気を共有し、地域のファンを育成するとともに、家島に訪れたことで参加者自身の考え方や見方に変化が生まれるような取り組みを実践して行こうとしております。PR活動は地道ですが、参加した方々の口コミで広がり、再びこの島に訪れたくなるようにして行きます。

自然・地理的条件等

家島は播磨灘のほぼ中央部に点在する島々からなる町。瀬戸内海独特の穏やかな気候に恵まれた資源豊かな海が目の前に広がります。関西都市圏と近い海でもあるため、交通のアクセスには恵まれています。瀬戸内海は閉鎖性海域であるため、周辺の都市の影響もその環境に大きく受けるところです。さらに、家島周辺の海は、適度な水深と豊かな海流に恵まれ、多種多様な生物の生きる場所となっています。

歴史・文化的な資源

古くから人の往来の多い地域にあったために様々な文化の影響の残っているところ。漁業・採石・海運が盛んであり、生活の中に海で生きる者達の知恵があります。また、島と島が海で隔たれているからか、隣の島で話す言葉が少し違ったりするのも面白いところ。さらに、延喜式大社になる家島神社の夏の天神祭りには勇壮な壇尻船が出たり、秋には御輿が担ぎ出されたりして今なお守り継がれる心があります。

農林水産業の状況

家島地域は兵庫県内でも水産業のとても盛んな地域にあります。豊かな水産資源に恵まれ、港には数多くの船があり町にも活気があります。瀬戸内海という穏やかな海が広がる風景は日本の原風景のひとつ。海苔養殖業漁業・船曳網漁業・定置網漁業・底曳網漁業など季節によって様々な漁業が行なわれ、町中では年中生きた水産物をみることができます。

観光資源

お問い合わせ

窓口組織名 家島町観光事業組合
担当者氏名 中村 有作
住所 〒672-0101 兵庫県姫路市家島町真浦590-7
電話番号 079-325-8777
FAX 079-325-8777
お問い合わせフォーム https://ssl.web-ouen.com/ieshima_inq/index.html
窓口組織のURL http://h-ieshima.jp/
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

宿泊・手配先

手配可能な宿泊施設

ホームステイ(各受入家庭での分泊)

受入家庭(ホームステイ)の数
(以下の*1+*2+*3の合計)
3軒
農林漁業体験民宿等の数*1
(旅館業法の許可を取得した軒数)
3軒
民泊の数*2
(住宅宿泊事業法の届出をした軒数)
0軒
上記以外の宿泊施設の数*3
(都道府県条例、イベント民泊等)
0軒
1軒当たり少人数での対応 不可
2泊以上の連泊対応 回答無し
*4 基本料金に夕・朝食の共同調理・家事・家業体験が含まれます

集団宿泊(青少年教育施設・ホテル・旅館等)

青少年教育施設の全軒数 1軒

手配可能な屋内施設

いえしま自然体験センター

用途 雨天時の屋内体験の実施
収容人数 100人

宮防災センター

用途 雨天時の屋内体験の実施
収容人数 60人

宮区会会館

用途 雨天時の屋内体験の実施
収容人数 100人

真浦区会会館

用途 様々な機材の使えるホールあり
収容人数 320人

家島地域事務所

用途 雨天時の屋内体験の実施
収容人数 100人

手配可能な支援団体等

家島B&G海洋センター

支援可能な役割 カヌー体験・ローボート体験

坊勢漁業協同組合

支援可能な役割 漁業体験・地域の漁業の学習

家島漁業協同組合

支援可能な役割 漁業体験・地域の漁業の学習

男鹿島観光事業組合

支援可能な役割 漁業体験・調理体験

家島観光事業組合

支援可能な役割 料理指導・町歩き体験

兵庫県立いえしま自然体験センター

支援可能な役割 キャンプ(テント泊)・野外炊飯・ハイキング・漁業体験・海の生態系、微生物等観察研究・海の自然環境保全学習・磯観察調査・漂着物調査・魚貝類等養殖体験・魚貝類等調理体験・創作クラフト・カヌー、カヤック、ヨット体験・星空観察 他
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

体験メニュー

屋外の体験メニュー

サバイバル体験をしよう

ジャンル 自然・環境体験
体験内容 衣食住等便利になった日常の生活を離れ、海の自然の中で魚をとって調理したり、漂着物でクラフトをしたりして、自然の中で生活することを通して、自分の生活を見直す機会とする。
実施時期 4月下旬 ~ 7月上旬/ 9月上旬 ~ 11月中旬
最大参加可能人数 24人
1名あたりの最低価格 8,800円

カメラで散歩inいえしま

ジャンル 自然・環境体験
体験内容 プロのカメラマンの指導の元春・夏・秋にふるさと家島の自然を写真におさめるとともに、家島の海の幸を味わう。
実施時期 4月下旬 ~ 7月中旬
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 8,800円

親子自然体験「いえしま満喫キャンプ」

ジャンル 自然・環境体験 / 交流体験
体験内容 磯観察、磯遊び、クリアカヌーやカヤックを使っての海中探検などを通して、自然を楽しむとともに親子のふれあいを深める。
実施時期 5月上旬 ~ 11月上旬
最大参加可能人数 90人
1名あたりの最低価格 15,400円

親子ヨット教室

ジャンル 自然・環境体験 / 交流体験 / スポーツ・レジャー
体験内容 瀬戸内海の自然豊かな海で、ヨットの操船技術を学ぶ。また、親子で乗ることによって、親子のふれあいを深める。
実施時期 5月上旬 ~ 7月下旬
最大参加可能人数 20人
1名あたりの最低価格 19,800円

いえしまの海で海中探検をしよう

ジャンル 自然・環境体験 / 動物・昆虫体験
体験内容 いえしま自然体験センターの「海中探検ゾーン」でスーパーフロートや箱メガネで海中の生物を観察したり、クリアカヌーで沖に出て、魚や海藻等の観察をし、海の豊かな自然について興味関心を高める。
実施時期 4月上旬 ~ 11月中旬
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 1,650円

漂着物はどこから

ジャンル 自然・環境体験 / 文化・芸術体験
体験内容 浜や磯に打ち上げられた漂着物を調べて発表したりたり、漂着物で創作クラフトを作って、品評会を開催したりして、海の環境保全の意識を高める。
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 550円

屋内の体験メニュー

ロープの結び方を学ぼう

ジャンル 文化・芸術体験
体験内容 海で作業する漁師や船乗りの仕事の中からロープの結び方などを学び、実際に自分達で結びを作ったりできる技術を学ぶ。
最大参加可能人数 100人
1名あたりの最低価格 500円

海辺の環境学習「驚き・不思議・発見」

ジャンル 自然・環境体験 / 動物・昆虫体験
体験内容 環境学習センターの光マルチスクリーンで海、漁業、環境にかかる学習を行ったり、海の生物等の観察や微生物等の観察実験を行ったりして、環境にかかる意識を高める。
1名あたりの最低価格 500円

親子クッキング教室

ジャンル 食体験 / 交流体験
体験内容 海の幸を使って、海の環境教育とあわせて食教育をねらいとして魚等の調理を親子で学習する。
実施時期 10月上旬 ~ 11月下旬
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 2,200円

家島を味わう

ジャンル 食体験 / 文化・芸術体験 / 交流体験
体験内容 地元で取れる旬の食材を使って、調理体験を行なう。家島の地元の人たちが調理体験指導を行なうことで、地元に伝わる味の伝達を行なう。
最大参加可能人数 36人
1名あたりの最低価格 3,300円

海藻・貝殻アートに挑戦しよう

ジャンル 自然・環境体験 / 文化・芸術体験 / 動物・昆虫体験
体験内容 磯・浜を探検し、海の生物について学習するとともに、それらを使ってクラフトを作る。
最大参加可能人数 30人
1名あたりの最低価格 1,100円
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

アクセス

アクセス

大阪府大阪市から車・バスを使用する場合

行き方 大阪→阪神高速自動車道・姫路バイパス(中地)→姫路港
所要時間 90分

大阪府大阪市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 大阪駅→JR山陽本線→姫路駅→市営バス→姫路港
所要時間 120分

兵庫県神戸市から車・バスを使用する場合

行き方 神戸→阪神高速自動車道・姫路バイパス(中地)→姫路港
所要時間 80分

兵庫県神戸市から鉄道・航空・船舶を使用する場合

行き方 神戸駅→JR山陽本線→姫路駅→市営バス→姫路港
所要時間 90分

アクセスマップ

マップURL http://h-ieshima.jp/access.html
  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook

実績

農山漁村体験として受け入れた学校の数

団体にお問合せ下さい。

農山漁村体験として受け入れた学校以外(社会教育)の数*1

団体にお問合せ下さい。

*1 農山漁村体験に参加したすべての人数・活動を指す。

  • この団体をみんなにシェアする
  • Twitter
  • Facebook
メニュー open メニュー close
ページのトップへ戻る